■小児歯科
小学生になるまでに、虫歯になってしまうお子様は、子供の奥歯の生える1歳7か月~2歳7か月の間に虫歯菌に感染していると言われています。
そして、この時期に虫歯菌が住みついてしまうと、虫歯になりやすいお口になってしまいます。
 
私は、あなたのお子様に虫歯菌になりにくいお口をプレゼントしたいと思います。
楽せな人生の始まりをサボートし、一緒に幸せな夢を描いていきたいと思います。
 
■子供の頃に通う歯医者さんが人生を左右する? 
歯医者さんが嫌いなお子様はとても多いですよね。
大人の方でも歯科医院が苦手な方が多いと思います。
その大きな理由として、お子様のころの嫌な思い出があるのではないですか?
 
歯科医院というのは、多くの人が幼い時期に出会うものですが、その時の印象がその後の人生を夫きく変えてしまうと言ってもよいでしょう。
 
子供の頃に「歯医者さんは恐いところ」というイメージがついてしまえぱ、予供のときはもちろん、大人になってからも歯科医院にはなかなか足を運びづらくなってしまいそうです。
そうすると、どんどん歯を守ることは難しくなっていくのです。
 
その結果、将来、歯を失ってしまう大きな要因となってしまうのです。
そうならないように当院では、お子様に歯医者さんは恐くない場所、それよりも楽しい場所』と思ってもらえるような医院作り・診療を心がけております。
 
■子供が歯医者さんを好きになる方法!
治療の苦手なお子様は、まずは慣れるとこるから始めます。
チェアに座っても、すぐに治療をはじめません。
まずは、お子様とスタッフが、優しくお話をします。
そうやって、歯科医院へ徐々に慣れてもらうのです。
 
また、すぐに治療が必要な子でも、出来るだけ削らない治療を心がけます。
乳歯をしっかり治療すると言っても、削れぱいいという訳ではありません。
 
より健康な生活をおくり、より丈夫な永久歯が生えるようにするためには、極力削らずに、歯を保存することもとても大切なことなのです。
そして、治療には出来るだけ時間をかけません。
長引けば長引くほど、その子にとって歯科医院に行くこと苦痛となってしまうからです。
 
■子供の頃からの予防で、将来もずっと健康に!
また、子供の頃から予防をしっかりとすることが重要です。
上記のような流れで、まずは、歯医者さんという場所に慣れてもらいます。
そして、慣れてからは当院では下記のような取り組みを案施しています。
機能育成のインフォメーション》 
歯磨き指導
食育指導
定期的なメンテナンス
フッ素塗布
 
将来に渡って、お子様のお口の健康を守るために、これらの取り組みを徹底しています。
特に、お子様の頃から定期的なメンデナンスに通うことはとても重要です。
しっかりと治療を行う事よりも、しっかりとむし歯にならないようにすることの方が重要なのです。
 
また、子供の頃から歯科医院に定期的に通う習慣を付けておくと、歯科医院へ行く事への低坑がなくなっていきます。
そうすることで、自分の歯に対する意識が自然と上がり、大人になってからも「自分の歯を大切にしよう!」という気持ちを持ち続け健康なお口を保つことにつながるのです。
 
大津市の歯科医院「ますぎ歯科クリニック」 | デザイナーズ賃貸マンション「シャトーフレーズ」